審査が怖い

カードローン比較マガジン|今すぐ借りれるカードローンはコレ!

カードローン総合ランキング 

 

審査って何?

カードローンでは必ず審査が行われます。1つは申し込み本人の属性の確認、もう1つは信用情報機関でのチェックです。申し込み者に対し融資をしても良いか判断する材料となっています。

申込者の属性

年収、勤め先、勤続年数など様々な項目がチェックされています。各社が独自にスコアリングを付け、何点以上なら融資をするという基準を設けています。これらは公開されておらず、業者により基準は異なります。このため1社で断られても諦めず違う業者に申し込むとすんなり審査が通ることもあります。

信用情報機関の確認

過去のローン利用歴、債務整理の過去歴がわかるようになっています。クレジットカード、ローンなどの情報を各社が共有するための機関です。申込者のデータに基づき問い合わせすると過去の情報、現在のローン利用状況がわかるようになっています。

審査に通りやすい人

カードローンの審査に通りやすい条件が幾つかあります。必ずしも全ての金融業者で同じではありませんが、一般的な内容では次のようになっています。

収入

安定した収入が継続的に得られていること、高額な収入であるほど有利となります。

勤務先

勤務先の属性、規模などでも判断されています。大企業、有名企業、年収が高いと判断できる企業は有利とされています。

雇用形態

アルバイトやパートより、正社員のほうが有利となります。ただしアルバイトやパートでもOKとしている金融業者なら特に問われていません。

住居

一戸建てのほうが有利とされています。引越しする可能性が少なく、審査が厳しい住宅ローンを利用しているからです。賃貸でも居住年数が多いほど有利となります。

利用履歴

過去の延滞が無い、クレジットカードの利用歴があるが返済をちゃんとしている人が有利となります。

審査に通りにくい人

審査に通りにくくなる要素は幾つかありますが、その中でも重要となる項目を紹介します。どの業者も年収に対し返済額が大きくなるのを避ける傾向があります。
他社の利用金額
他社のローン利用が1社や2社程度なら問題はありませんが、利用総額が大きくなるのは審査に通りにくくなります。消費者金融は年収の3分の1までしか貸すことはできませんし、その基準に当てはまらない銀行でも総額はチェックしています。カードローンだけでなく、マイカーローン・住宅ローンなどの返済額が多く、年収から見て割合が高いと感じられれば断られる可能性が出てきます。
過去に事故歴がある
過去にローンの利用で債務整理をしたことがある人、延滞を繰り返していた人は審査に通りにくくなります。いくら年数が高く良い企業に勤めていても、返済に対しだらしない人と判断されかねません。

今すぐ借りれる総合ランキング

今すぐ借りたい!そんな方のための総合ランキング!
ご利用は計画的に!

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 総合ランキング 同時申込みOK? 審査に落ちたら? 土日に借りたい