提出書類について

カードローン比較マガジン|今すぐ借りれるカードローンはコレ!

カードローン総合ランキング 

 

本人確認書類

カードローンの申し込みには必ず本人確認書類の提出が必要となります。偽装の名前を使っていないか、返済する能力があるかなど詳しい内容を確認するためです。
必要な本人確認書類
運転免許証、各種健康保険証、パスポートのどれかがあれば間違いありません。これらの書類を用意できない場合は、複数の書類を求められることもあるため各金融業者に直接お問い合わせしましょう。
本人確認書類が必要の理由
金融業者も商売でお金を貸しているわけですから、最低限返済できるか?を確かめているわけです。偽装の名前を使っている人はもちろんのこと、個人情報に間違いがある方は断られてしまいます。万が一返済が滞った場合に本人が捕まらないのでは意味がないからです。書類を提出するのと同時に、申し込み書の記載に間違いが無いかもチェックすることをおすすめします。

収入証明書

収入証明書は金融業者の種類により、提出する金額が異なります。消費者金融では50万円以上の利用限度額の場合、銀行は様々で100万円から300万円以上のところが多くなっています。
必要となる収入証明書
会社員やパート・アルバイトの方なら源泉徴収書を用意しましょう。年末調整の手続きの際に貰った源泉徴収書でもかまいません。なければ会社に別途発行してもらってください。また個人事業主の方は納税証明書、確定申告書などが必要となります。どちらの場合も公的な書類で、年収を証明できるものが必要です。
金融業者により違う限度額
消費者金融のほうが利用限度額の設定が低いのは、総量規制の対象となり年収の3分の1までしか貸すことができないからです。一方銀行は対象外となるためそれぞれの銀行で設定金額は異なります。

収入証明書が不要な場合もある

収入証明書の提出が不要で、本人確認書類のみで手続きを完了させたい方は、提出が不要な条件を詳しくチェックしてください。
消費者金融は利用限度額50万円まで
消費者金融は総量規制の対象となります。貸し出せるのは年収の3分の1とならなければなりません。また複数の業者を利用している場合総額100万円を超える場合は収入証明書の提出が必要と義務付けられています。これらにより50万円以上の利用限度額で所得証明書の提出が必要となる業者が多くなっています。業者も総量規制に対する決まりを超えないよう厳しくチェックしているわけです。
銀行は利用限度額が異なる
一方銀行は総量規制対象外となり、年収の3分の1という制限は適用されません。銀行により収入証明書が必要となる利用限度額の設定は異なります。少なくて50万円、多くて300万円まで不要なところもあります。

今すぐ借りれる総合ランキング

今すぐ借りたい!そんな方のための総合ランキング!
ご利用は計画的に!

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 総合ランキング 同時申込みOK? 審査に落ちたら? 土日に借りたい