ブラックリストは存在するの?

カードローン比較マガジン|今すぐ借りれるカードローンはコレ!

カードローン総合ランキング 

 

ブラックリストとは?

ブラックリストとは信用情報機関にマイナスの情報が記載されていることをいいます。
金融業者同士が「この顧客は注意!」みたいな注意書きは存在していません。
それぞれの業者では審査基準が異なるためです。しかし情報は共有しあっているわけで、マイナスとなりそうな項目を掲載しているのです。

申し込みブラック

一度にカードローン、クレジットカードの申し込みを複数社すると申し込みブラックとなります。
収入に対し多額の融資を希望しているともとらえられるからです。将来債務整理をする可能性もあるため業者は情報を記載します。

延滞によるブラック

多くの倍延滞を3ヶ月以上するとブラックリストとなります。
この基準は金融業者により異なり、もっと短期間でも悪質だと判断されれば情報が記載されることもあります。逆に返済ができなくなっても、途中できちんと相談をし利息のみでも返している利用者は掲載されないことが多いようです。

債務整理のブラック

自己破産、任意整理などをした情報は長期間掲載されるため注意しましょう。

ブラックリストの影響

一度ブラックリストが掲載されると、各社の金融業者も情報を共有しているため、新たな借入や現在利用中のカードローンにも影響を及ぼします。
健全な利用方法をしていれば載りませんから、業者にとって優良客となるよう目指しましょう。

新たな借入の影響

カードローン会社は審査の際に信用情報機関に問い合わせ、それぞれの過去歴や現在の利用状況を確認しています。
もしブラックリストがあれば審査に通りにくくなります。もし審査に通ったとしても利用限度額はかなり低くなることが予想されます。

現在の借入の影響

現在カードローンを利用している人も、途中で審査が入ることがあります。
そのときに信用情報機関にマイナスとなる情報があると、利用限度額が減らされたり最悪の場合利用を中止されます。

ブラックリストを消す方法

ブラックリストは一度情報が掲載されると自分で消すことはできないのです。
唯一消すことができるのは、情報が抹消される期間を待つのみです。

ブラックリストが掲載される期間

影響が少ない項目なら数ヶ月、債務整理のように注意したい事柄は10年など長期間掲載されます。
申し込み状況などは掲載される期間は少ないのですが、滞納項目も長期にわたることがあるため注意しましょう。
情報が掲載されれば消滅期間までは影響を及ぼし続けます。

情報が間違っているなら消すことは可能

一度載ると消すことができないといっても、情報が正しくないことを証明できれば消すことは可能です。
自分でも信用情報機関に問い合わせ内容を知ることができますから、明らかにおかしいと感じるなら利用してみましょう。

今すぐ借りれる総合ランキング

今すぐ借りたい!そんな方のための総合ランキング!
ご利用は計画的に!

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 総合ランキング 同時申込みOK? 審査に落ちたら? 土日に借りたい