増資するには?

カードローン比較マガジン|今すぐ借りれるカードローンはコレ!

カードローン総合ランキング 

 

増資するには?

カードローンは初回の審査のときに利用者ごとに利用限度額が設定されます。
その金額は長期間固定されてしまいます。
この基準は利用者の年収や属性などを元に割り出した金額ですから、そうそう簡単には変更することはできません。
ただし初回の利用はあくまでも金融業者も慎重になり限度額を少なめに設定することもあるため、長く使用を続けていれば途中で増額のお誘いをされたりもします。
基本的には契約直後は増額は難しく、長く使い続け優良客だと判断してもらうしかないのです。
また、途中で勤める会社が変わったり、役職がついて大きく年収が変わった際には増額をしてもらえるチャンスといえます。
審査対象となる属性の変更があるなら申し込みをしてみるのも良いでしょう。

また審査を受けないといけない?

増額の申請をすると当然審査が必要となります。
今まで問題なく利用していた方も新たに属性や信用情報などをチェックされるため注意しましょう。

年収に見合っているならOK

増資の審査は当然年収のチェックがされます。途中で収入が増えた方、転職し大幅に給与が増加したなら申請してみると良いでしょう。
もちろんその場合それを証明する書類の提出が求められたり、新しい会社の情報が調べられたりはします。

信用情報機関も確認される

カードローンを利用中に他社で利用歴がないか、滞納した経緯はないかなど詳しい状況が確認されます。
何もなければ審査はスムーズに進みます。しかし他社で利用額が増えて年収の3分の1以上の利用額となれば増額は断られてしまうことがあります。また他社で滞納があるとわかれば当然増資は無理でしょう。

増資を受けられる人

カードローンで増額してもらえる人にはある特徴があります。当てはまるようなら増額の申請をしても良いでしょう。

長期間利用し延滞が無い

カードローンを長期間使用し、一度も延滞したことが無い人は優良客だと判断してもらえます。
定期的に借りても返済ができているなら収入に対し適切な融資を受けていることになります。更に借入金額に余裕があると判断されれば増額は可能でしょう。

年収の3分の1以内の増額

優良客かつ年収の3分の1以内の増額の申請は通りやすくなります。
特に消費者金融では総量規制の関係上、年収の3分の1以上貸し出しできない決まりがあるため、この額を超えれば100%無理だといえます。
総量規制に関係が無い銀行でも大幅に超える金額は増額してもらえないでしょう。

増資を受けられない人

カードローンの増額は年収に応じた返済能力が見られるため、その人にとって増資の額が多すぎると判断されれば難しくなります。

一度でも返済の滞りがあるなら注意

同じカードローン会社で一度でも返済の滞りがある方は注意しましょう。
うっかり引き落とし口座への入金忘れかもしれませんが、業者は返済に無理があったと判断しかねません。
どんな事情かは金融業者側はわからないのです。

雇用形態によっては断られる

金融業者は返済能力があるかを重点的に見ています。
そのため会社員よりアルバイトやパートのほうが基準は低くなります。
また解雇される率が低い公務員は評価が高くなります。
このように勤務形態によっては翌日解雇もありえるため、増額が認められないこともあります。

増資のメリット・デメリット

増資は必要なときにすれば良いと考えがちですが、実は利用者にとってもメリットが大きい場合もあるのです。また逆にデメリットとなるケースもあるため注意しましょう。

メリット

利用限度額が上がると金利が下がる可能性があります。各社は現在利用している融資の額ではなく、利用限度額に対し金利を設定しています。利用限度額が増えたからといって全ての額を融資する必要はないわけで、金利を下げる目的でも利用することができます。

デメリット

審査結果によっては減額されることもあります。利用者に対し適切な増額の申請でなければ、無理な増資を求めていると捉えられてしまします。
もしかしたら他社の利用が増え負担が大きくなったかもしれませんし、収入が減ったり、お金の使い方が荒くなったとも考えられます。
このような人に増額すれば返済できなくなることもあるため金融業者も警戒しています。

今すぐ借りれる総合ランキング

今すぐ借りたい!そんな方のための総合ランキング!
ご利用は計画的に!

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 総合ランキング 同時申込みOK? 審査に落ちたら? 土日に借りたい